top
@ぴゅあにっく | レンタルサーバー、ホスティング、サービス

利用規約

◆マルチドメインサーバー利用規約

第1 章 総則

第1 条 (利用規約の適用)

1. 株式会社PURENICJAPAN(以下当社といいます。)はマルチドメインサーバーサービス利用規約(以下「利用規約」といいます。)を定め、この利用規約に基づきマルチドメインサーバー(以下「本サービス」といいます。)を提供します。

2. 契約者は利用規約を遵守して、本サービスを受けるものとします。


第2 条 (利用規約の変更)

1.当社は、この利用規約を変更することがあります。この場合の料金その他の提供条件は、変更後の利用規約によります。

2.利用規約の変更にあたっては、当社は当該変更の対象となる契約者に対しその内容を通知するものとします。ただし、この通知が到達しない場合であっても、変更後の利用規約が適用されるものとします。


第3 条 (サービス提供区域)

本サービスの提供区域は日本国内とします。


第4 条 (サービスの終了)

1. 当社は本サービスを終了することがあります。

2. 本サービスを終了するときは、終了する3 ヶ月前までにその旨を通知あるいは告知します。


第2 章 契約

第5 条 (契約の単位)

1. 契約者が複数の本サービスを申込む場合には、個々にサービス利用契約を締結するものとします。

2. 当社は、本契約の他必要に応じて特約を定めることがあります。この場合、契約者は本規約とともに特約を遵守するものとします。


第6 条 (契約期間)

本サービスの契約期間は第12 条(契約の成立)第1 項に定める利用開始日から起算して、3 ヶ月以上とします。


第7 条 (サービスの提供条件)

1. 当社は利用契約ごとに1 つのディレクトリ、ID 及びパスワードを定めます。

2. 契約者は、使用する1 つのドメイン名を当社に申し出ていただきます。契約者は申し出たドメイン名を使用して本サービスを利用するものとします。

3. 前項に拘わらず、契約者からの申請があった場合、当社は別に1 つのサブドメイン名を指定し、契約者はそのサブドメイン名を使用することができるものとします。

4. 契約者は第1 項及び第2 項並びに前項のID 及びパスワード及び並びにドメイン名を厳重に管理するものとし、これらの不正使用により当社あるいは第三者に損害を与えることのないように万全の配慮を講じるものとします。また、契約者は不正使用に起因するすべての損害について責任を負うものとします。契約者は,ID・パスワード及び並びにドメイン名が第三者によって不正に使用されたことを判明した場合には、直ちに当社にその旨を連絡するものとします。

第8 条 (権利の譲渡等の制限)

本サービスの提供を受ける権利など利用契約上の権利を、当社の承認なく、他に譲渡、賃与、質入れ等の行為をすることができません。


第9 条 (非常事態時の利用の制限)

当社は、天災、事変その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがあるときは、災害の予防もしくは救援、交通、通信もしくは電力の供給の確保または秩序の維持に必要な事項を内容とする通信、その他の公共の利益のために緊急に行うことを要する通信を優先的に取り扱うため、本サービスを制限する措置を採ることがあります。

第10 条 (契約申込)

1.当社指定の申込用紙によって申込むものとします。

2.契約の申込において、本人確認のための資料を提出していただくことがあります。


第11 条 (契約の成立)

1. 当社が請求書・口座振替支払いコース利用の申込を承??した場合は、利用開始日を記載した書面により通知します。利用契約はこの利用開始日に成立します。

2. 契約申込に係わる本サービスの提供は、原則として申込を受け付けた順に行います。ただし、事情によりその順序を変更することがあります。

3. 当社は、次の場合にはサービス利用の申込を承諾しないことがあります。

(1) 本サービスの申込をした者が第19 条(提供停止)第1 項のいずれかに該当するとき

(2) 本サービスの申込をしたものが過去において第19 条(提供停止)第1 項のいずれかに該当したとき

(3) 契約申込書に??偽の事実をきさいしたとき

(4) クレジット支払コースの申込をしあ者が正当に使用することができないクレジットカードを指定したとき

(5) 本サービスの申込をした者が指定したクレジットカードがクレジット会社により利用の差し止めが行われているとき

(6) 申込者が未成年であって保護者の同意をえていないとき

(7) 全各号のほか、当社の業務遂行上支障があるとき

4. 当社が申し込みを承諾しない場合には、当社は申込者に対しその旨を通知します。

第12 条 (サービス内容の変更)

1. 契約者が、本サービス内容の変更を希望する場合は、当社が別途定める方法により変更を申込むものとします。

2. 前項の申込を承諾した場合は、当社は契約者に対しその旨を通知します。

3. 第1 項の申込があった場合に、技術的に困難であるなど当社の業務遂行上支障があるときは、当社は申込を承諾しないことがあります。この場合は契約者にその旨を通知します。

第13 条 (契約者の名称などの変更)

1. 契約者は、以下の各号に変更があったときは、そのことをすみやかに当社に届け出るものとします。

(1) 氏名または名称

(2) 住所または居所

(3) 当社にクレジットカードの利用または請求書送付先に関する事項

2. 前項の届け出があったときは、当社はその届け出のあった事実を証明する書面を提出していただくことがあります。


第14 条 (契約者の地位の承継)

1. 契約者である個人が死亡したときの利用契約は終了します。

2. 契約者である法人が合併したとき、契約者はその旨をただちに当社に書面で通知するものとし、当社は通知受領後14 日以内に、当該承継法人に書面により通知をして利用契約を??除することができるものとします。当社が??除しなかった場合、承継した法人は利用契約に基づく一切の責務を承継するものとします。

第15 条 (契約者がおこなう利用契約の解除)

契約者は、利用契約を解除するときは、当社に対し解除の日の1 ヶ月前までに解除の旨及び解除するサービスなどを当社が別途定める書面により通知するものとします。この場合において、通知があった日から当該通知において解除の日とされた日までの期間が1 ヶ月未満であるときは、解除の効力は当該通知であった日から1 ヶ月を経過する日に生じるものとします。

第16 条 (当社が行う利用契約の解除)

当社は、次に揚げる事由があるときは、利用契約を解除することができるものとします。

(1) 第19 条(提供停止)第1 項に基づき当社が本サービスの提供を停止した場合、停止の日から14 日以内に停止の原因となった事由が解消されないとき

(2) 第19 条(提供停止)第1 項各号のいずれかの事由があり、本サービスの提供に著しく支障を及ぼすおそれがあると認められるとき


第3 章 提供中止及び提供停止

第17 条 (提供中止)

1. 当社は、当社の設備の保守、工事、または障害等やむをえないときには、本サービスの提供を中止することができるものとします。

2. 本サービスの提供を中止するときは、当社は契約者に対し、その旨とサービス提供中止の期間を事前に通知します。ただし、緊急やむを得ないときはこの限りではありません。

第18 条 (提供停止)

1. 当社は、契約者が次の各号のいずれかに該当するときは、本サービスの提供

を停止することができるものとします。

(1) 利用契約上の債務を履行しなかったとき

(2) 第8 条(サービスの提供条件)の規定に違反したとき

(3) 以下の態様において本サービスを利用したとき

  (ア) 当社あるいは第三者の名誉、信用、プライバシー等の人格的利益を侵害する行為、またはそのおそれのある行為

  (イ) 当社あるいは第三者の著作権,その他の知的財産権を侵害する行為、またはそのおそれのある行為

  (ウ) 当社あるいは第三者の法的保護に値する一切の利益を侵害する行為、またはそのおそれのある行為

  (エ) 犯罪行為あるいは犯罪行為をそそのかいしたり容易にさせる行為、またはそれらのおそれのある行為

  (オ) 虚偽の情報を意図的に提供する行為、またはそのおそれのある行為

  (カ) 公職選挙法に違反する行為、またはそのおそれのある行為

  (キ) 当社の本サービスの利用に支障を与える行為あるいはそのおそれのある行為

  (ク) 第三者の本サービスの利用に支障を与える方法あるいは態様において本サービスを利用する行為、あるいはそのおそれのある行為

  (ケ) ID あるいはパスワードを不正に使用する行為

  (コ) コンピュータウイルス等他人の業務を妨害するあるいはそのおそれのあるコンピュータ・プログラムを本サービスを利用して使用したり、  第三者に提供する行為、あるいはそのおそれのある行為

  (サ) 風俗営業等の規制及び適正化に関する法律が規定する映像送信型風俗特殊営業、あるいはそれに類似する行為

  (シ) その他、他人の法的利益を侵害したり、公序良俗に反する方法あるいは態様において本サービスを利用する行為

(4) 収納代行会社または金融機関等により契約者が指定したクレジットカード等が使用することができなくなったとき

(5) その他、当社が不適切と判断するとき

2. 当社は、前項の規定により本サービスの提供を停止するときは、あらかじめ理由提供停止する日及び期間を契約者に通知します。ただし、緊急やむを得ない場合は事後に通知します。



第4 章 料金等

第19 条 (料金等)

本サービスの料金はホームページ等に掲載の「料金表」のとおりとします。


第20 条 (料金などの支払義務)

1. 契約者は、前項(料金など)の料金を支払う義務を負います。

2. 第19 条(提供停止)の規定により本サービスの提供が停止された場合であっても本サービスの料金の算出については、当該サービスの提供があったものとして取り扱います。

3. 第12 条(契約の成立)4 項の規定により当社が契約の承諾を取り消した場合であっても当社は利用申込書に対して契約が成立した場合と同額の損害金を請求します。損害金の請求の手続は料金等の手続と同様とします。


第21 条 (料金等の計算方法)

1. 以下の各号の場合を除き、毎月、暦月に従って計算する料金の額とします。

  (1) 利用開始月の料金の額は、当該月における本サービスを提供した期間に対応する月額料金の額となります。

  (2) 契約の解除(契約期間を経過する前に、解除があった場合を除きます。)の日は当該月末日となり、当該月の料金の額は、当該前月の末日までの月額料金の額となります。

2. 契約期間が経過する前に利用契約が終了したとき、契約期間に対応する本サービスに係わる料金の全額を、契約解除の日から2 週間以内に一括して支払うものとします。

第22 条 (料金等の支払方法)

1. 請求書・口座振替コース契約者は、当社が指定する期日、方法を記載した請求書または口座振替により料金を前払いするものとします。

2. クレジット支払契約者は、当該クレジット会社の規約に基づき料金を後払いするものとします。

3. 契約者と当該クレジットカード会社、金融機関などの間で紛争が発生した場合は、当該当事者双方で解決するものとし、当社には一切の責任がないものとします。

第23 条 (割増金)

料金等の支払を不法に免れた契約者は、その免れた額に加え、その免れた額と同額を割増金として当社が指定する期日までに支払うこととします。

第24 条 (延滞損害金)

契約者が、料金その他の債務について支払い期日を経過してもなお支払いがない場合、当該契約者は支払い期日の良月から支払いの日前日までの日数について、年14.5%の割合で??算して得た額を、遅延損害金として当社が指定する期日までに支払うこととします。


第25 条 (割増金等の支払方法)

第24 条(割増金)及び前条(遅延損害金)の支払いについては、当社が指定する方法により支払うものとします。


第26 条 (消費税)

契約者が当社に対し本サービスに係わる債務を支払う場合において、消費税法(平成6 年法律第109 号)及び同法に関する法令の定めにより当該支払いについて消費税及び地方消費税が含まない賦課されるものとされているときは、契約者は当社に対し当該債務を支払う際に、これに対する消費税及び地方消費税相当額を併せて支払うものとします。


第27 条 (端数処理)

当社は料金その他の計算において、その資産結果に1 円未満の端数が生じた場合には、その端数を切り捨てます。

第28 条 (データ等の取り扱い)

本サービスにおける当社のサーバーのデーターが、減失、毀損、漏洩、その他本来の利用目的以外に使用されたとしても、その結果発生する直接あるいは間接の損害について、当社はいかなる責任も負わないものとします。


第29 条 (データのバックアップ)

本サービスにおいて、当社はサーバー設備の故障または停止などの復旧に対応するため、契約ディレクトリ内のデータを複写することがあります。



第6 章 損害保障

第30 条 (責任の制限)

1. 当社は本サービスを提供すべき場合において、当社の責に帰べき理由により、契約者に対し本サービスを提供しなかったときは、本サービスを利用できないことを当社が知った時刻から起算して連続して72 時間本サービスを利用できなかったとき、または1 料金月に合計120 時間以上本サービスが利用できなかったときに限り、契約者からの請求により、その料金月における料金額を限度として損害の賠償をします。ただし、契約者が当該請求をし得ることとなった日から3 ヶ月を経過する日までに当該請求をしなかったときは、契約者はその権利を失うものとします。

2. 契約者が当社に損害を与えた場合、当社は、その損害を会員に請求できるものとします。

第31 条 (免責)

当社は、契約者が本サービスの利用に関して情報等が破損または減失したことによる損害、若しくは契約者が本サービスから得た情報に起因して生じた損害について、その原因の如何によらず、一切の補償の責任を負わないものとします。



第7 章 雑則

第32 条 (管轄裁判所)

契約者と当社との間で本サービスの利用に関連して紛争が生じた場合は、水戸地方裁判所を管轄裁判所とします


第33 条 (技術的条件)

本サービスにおける基本的な技術事項は、「機能一覧」のとおりとします。

Untitled Page

Untitled Page